紫鮫のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【感想】映画・機動戦士ガンダムNT

<<   作成日時 : 2018/12/04 17:42  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まずはネタバレありきで感想書きますので、まだ見てない方は映画観てからブログ見ること

そして愛ゆえに結構辛辣なこと書きますので、そこも大目に見てくださいね。







私が今回のガンダムNT見た最初の印象は


よくいえば「シンプルな物語」
悪く言えば「派手さが無い」


物語ではオーソドックスなとこやっているので
人によっては評価が分かれてしまう作品になります。

何度かリピート視聴すれば考え方もより変わるかもしれないですが、たぶん今回の作品に関しては宇宙世紀作品が好きなファンは想定していた物語に感じるとこもありますね。


「奇跡の子供たち」
3人のうち本物のニュータイプは1人
そしてニュータイプ研究のため生き残れるのは1人

そのためミシェルは裏切り、ヨナは裏切られ、リタは強化人間にされ、

ミシェルが続けていた嘘のニュータイプ、でも「人の情」、血縁超えた家族の絆の前では嘘は無意味だったのはミシェルにとって最大の救いに感じましたし、ミシェルがそれに気づけてればヨナも心救われたかもしれないですね。


そしてこの作品の「ニュータイプ」。
「強い残留思念」それらが人々がうまく理解できずに「魂の存在になっても人は生きてられる」と感じたのではないかと感じましたね。

その残留思念がより濃く残る要因がニュータイプやサイコフレームだけな話だったわけです。

そしてリタは「生まれ変わったら鳥になりたい」
ユニコーンガンダム3号機フェネシスの身体を借りて、もう人々の届くことのない宇宙という大空へと旅立った……。

だからもうヨナは出会うことはないけどれど、ヨナ自身も未来へと歩めるのではないか、というのが良い面での感想です。


問題点は
@ナラティブガンダム
ニューガンダムの試作機ではなくユニコーンガンダム試作機であればしっくりきた機体でした。

不完全ではあるがNT-D搭載され、普通のコックピットシートでは急激なGにパイロットが対応しきれない問題が見つかりユニコーンガンダムでは特殊なシートが導入され、それらが未搭載なナラティブガンダムではノーマルスーツ側に疑似的な対応システムを組み込んだ、のであればよかったのですけどね。

また上映前の解説にはサイコフレーム未搭載で劇中では特殊ノーマルスーツ側にサイコフレームの発光らしきものが見受けられるのですが、NT-D発動しセカンドネオジオングをサイコミュジャックしかけたシーンではコックピット周辺のキャノピーではなく鉄筋部分が発光していたのでサイコミュジャック非搭載は無茶があるのでは?

そしてNT-D発動時パイロットの意思無関係に攻撃しようとしたり、強すぎるサイコミュジャック能力故に他のガンダム作品との兼ね合いも含めたら違和感感じるファンも多くいるのではないか?という問題があります。

もっとも「ヨナはニュータイプ能力ないんじゃない?」という問題に関しては今回は敢えて置いておきます。

あとで発現した可能性もあるし。


Aヘリウム貯蔵エリアの誘爆&臨界爆発をニュータイプ能力で引き起こす。
周辺のミノフスキー粒子レベルと強いニュータイプ能力使うにしても、ほぼやっていることはニュータイプ能力の強さで物語が決まってしまう物語をのちのガンダム作品で求められてしまったり、それらをやりがちな流れにならないか?

歴代のガンダム作品は様々な人間の思惑が重なり争いが生まれるけど、ニュータイプ1人いれば起きる暴走にみえたので、結果的に人間ドラマではなくニュータイプ能力での戦いばかりになってしまって「成長」とか「人間ドラマ」がなくなるんじゃないかな?

Bネオジオング
フルフロンタルが未知のテクノロジー持っていた感じで語られていたけど、これは感じ方次第では「宇宙世紀以外の異世界を見る能力」になってしまい、宇宙以外のアナザーワールドのガンダム作品作れなくなってしまう可能性、下手すれば宇宙世紀そのものの考えがおかしくならないか?という不安を感じました。


CガンダムUC続編予定もろ出しではないか?
ユニコーンガンダム1号機が解体されずに保管されている点とフェネシス暴走と再び現れた理由で語られた点。

今回のガンダムNTには無くても物語が動かせれる点。
バナージ登場したけど「バナージでないといけない」理由も無い点。

元々フライング情報で分かっていればするけど、それらが無くても「これガンダムUC続編のための作品なんじゃない?」と感じる物語だったので、そこに関しては「ちょっと物語としてはどうだろう?」と感じますね。

あまりにも商業的な思惑が出る物語では視聴者が発表前にそれ以上の構想想像してしまうし、下手すればその伏線が強い足かせになって作品に影響出る危険あるし、結果的な商業展開での自由度の低さも発生して反対だけどね私だったら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【感想】映画・機動戦士ガンダムNT 紫鮫のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる